お気軽にお問合せください

03-3972-1858
通常営業時間
 10~18時
※時間外もご相談ください

ご来店の際には事前にお電話していただけるとスムーズです。出張中の事があります。

ドアクローザー交換事例

此方では、ドアクローザー交換事例を紹介しています。

板橋区 上板橋

1. 既存のドアクローザー

2. 取り外した所

3. 交換完了

ドアクローザーの交換

上板橋の大家さんのご依頼で、35年以上使用している賃貸アパートのドアクローザーの交換です。

3つ穴のパラレル型が取り付けられていましたが、廃版商品です。

留まっている7つ全てのビスが錆びて外すのに苦労しました。

画像1

アームを何故か、ガムテープでグルグル巻きに。

画像2

既存のドアクローザーを30分以上かけて取り外しました。

画像3

本体の4つのビス穴がほぼ一緒だったので、NEWSTARの4つ穴パラレル型のドアクローザーに交換しました。 

入居者様に確認していただき、完了です。

今回約1時間の作業でした。

 

 

 

豊島区 駒込 

1. 既存のドアクローザー

2. オイル漏れの後

3. 取り外した所

4. 施工後

ドアクローザーから油が漏れている!

豊島区の戸建て住宅にお住いの方から、弊社のホームページを見て、ドアクローザー交換のお見積りを頂きました。

伺いますと、ドアクローザーから油が漏れて、床がシミになっていました。こうなりますと修理はできません。交換になります。

商品は、2009年に廃業したダイハツディーゼルNHN社のドアクローザーを使用していたため、同じものへの交換品はありません。

既存のビス穴が隠れる丁度よいドアクローザーを探して見積し、ご注文を頂きました。

今回は、美和M600シリーズを使用しました。

 

画像1

NHNのパラレル型、3点止めのドアクローザーです。

画像2

オイルなので、掃除してもなかなか綺麗になりませんし、時間と共に油がドアクローザーから垂れます。

以前、別のお客様の話ですが、子供を抱いて玄関扉を開け、垂れたオイルが、子供の髪に付いたと聞いたことがあり、目に入ったら危険と思って相談を受けたこともありました。

画像3

既存のドアクローザーを外し、掃除します。

画像4

施工後の画像です。

 

ドアの閉まり具合、スピードを調整します。

また、ストップ(扉を好きな角度で止める機能)付きのため、お客様に角度を決めてもらい、完了です。

作業時間は、約30分でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

板橋区 大山

1. 廃版のドアクローザー

2. 四点止めのブラケット

3. ドアクローザー交換後

4.シリンダー交換後

ドアクローザーとシリンダーの交換

近所の方から、ドアの閉まるスピードが速すぎてケガをするのではと怖い。カギの調子も悪いので見て欲しいとのご連絡を頂きました。

伺いますと、MIWA製のディスクという廃版商品です。キーの先端も削られていて、かなり使い勝手が悪くなっていました。

また、気になったのは、ドアクローザーの油圧が効かず、ドアが閉まる音がうるさいです。

お客様に交換時期ですとお話をしたら交換してくださいとなりました。

 

画像1・2

MIWA製のドアクローザーです。

画像3

1つのビスがとんでもなく硬く、外すのにとても苦労しました。

後継機種があるタイプでしたので交換自体は楽です

画像4

左手に持っているのが、40年位使われていたディスクシリンダー。右側には交換したU9シリンダー。

結露でドアにカビが発生していたので、出来るだけ取り除かせていただきました。

今回の作業時間は、約1時間でした。

 

 

 

板橋区 常盤台

1. 既存のドアクローザー

2. 二つ穴のブラケット

3. 交換後

4. 交換後

古いMIWAのドアクローザー交換

板橋区のホームセンターからのご依頼で、ドアクローザーの交換を承りました。

伺いますと、廃版のMIWA社のドアクローザーですが、後継機種があるタイプでした。

全く油圧が効かず、ドアの閉まる音がとてもうるさく、2つ隣の住居者にも聞こえそうです。

 

画像1

ドアクローザー本体が横にとても長いタイプです。

画像2

珍しい二つ穴のブラケットです。

画像3・4

ドアクローザー本体が横に長いため、一般的なドアクローザーを取り付けますと、ビスの穴や、下地や違う色のペンキが見えてしまったりと格好悪いので、隠れるものを採用しました。

 

最後にお客様に確認をして頂きます。

作業時間約30分でした。

 

 

 

板橋区 大山

1. 引きちぎれている状態

2. 交換後

ドアクローザーが引きちぎれている!

地元大山のマンション管理会社様より、ドアクローザー交換のご依頼を頂きました。

 

伺いますと、初めて見たのですが、クローザー本体が4点で留めているビスの2点が留まったまま、引きちぎれています。

アイボリー色のクローザーでなくても良いから早めにとの事でしたので、在庫していた物を取り付ける事になりました。

画像1

NEWSTARのドアクローザー

画像2

交換後。シルバー色ですが、同タイプが在庫していました。

 

画像1でも分かりますが、ドアに油漏れの跡が残っていましたので、引きちぎれていなくても交換サインが出ていました。

今回加工が無いため、作業時間約20分でした。