お気軽にお問合せください

03-3972-1858
通常営業時間
 10~18時
※時間外もご相談ください

ご来店の際には事前にお電話していただけるとスムーズです。出張中の事があります。

フロアヒンジ交換事例

此方では、フロアヒンジ交換事例を紹介しています。

錆でプレートが膨らんでいる

1.プレートが膨らんでいるフロアヒンジ

錆を取り除いた後の状態

2.プレートを外したフロアヒンジ

サイズが違うので、広げています

3.サンダーで削りスペースを広げている

扉下部とアーム部も交換

4.扉下部・アーム部の交換

枠上部トップピポットの交換

5.枠側上部トップピポット部の交換

セメントで固めて交換完了

6.交換完了

フロアヒンジの交換

一般的にフロアヒンジの交換時期は、30万回とされていますが、分かりずらいので、弊社では、10年超えてくると不具合が出る事がありますとお伝えしています。

また、メーカーによると、電気錠は約7年、一般錠は10年です。

板橋区高島平某マンション出入口の扉の下に埋まっているフロアヒンジの油圧が効かず、その扉の電気錠の音も異常に大きい音で、上手く作動していない事もあり、一緒に交換する事になりました。

画像1 

NEWSTAR NO. 222 が付いていましたが、既に廃版商品です。分かりずらいかもしれませんが、プレートが膨らんできているので、水が侵入して錆びて盛り上がっている事が予想されます。

画像2 

プレートを外してみたら、錆がひどかったです。この画像2は、随分錆を取り除いた後の画像です。

丁寧に錆を取り除きましたが、セメントケース(外枠の箱)も錆びていて使い物にならず、結局、全部取り外す事になりました。

画像3 

同サイズのフロアヒンジがなく、少し大きいフロアヒンジ(NEWSTARH-511)を収めるため、サンダーを使って広げています。もう一人が、掃除機で噴霧する粉を吸っています。

画像4 

扉下部・アーム部の交換後

画像5 

枠側上部のトップピポットは交換しなくても今回の不具合は改善すると思いましたが、25年近く使っているので、施主様と相談し、一緒に交換する事になりました。

画像6 

フロアヒンジ本体の交換後、隙間をセメントで埋め、扉を吊り直し、建て付け調整、スピード調整しました。追加で、フランス落とし交換とガードプレート取付けをし、清掃をして完了です。

今回は、2人で約4時間の作業でした。

その他の事例

1. 不具合を起こしたフロアヒンジ

2. セメントケース

3. フロアヒンジの埋め替え

4. フロアヒンジ交換完了

5. 美和U9TRU-1の交換

6. 扉下側のアーム交換

7. 交換完了

フロアヒンジと美和の錠前交換

板橋区の不動産業者様からのご依頼でした。30年以上経営してきた店を辞めて、貸し出すことになったため、色々手直ししたいとの事です。

 

① 店舗入り口のフロアヒンジから異音がして締りも悪い。

② そのフロアヒンジドアの鍵が使えない。

③ 複数あるシャッターの1つの鍵の調子が悪い。

④ 店舗用のポストもダイヤル番号が分からず開かない。

 

画像1

ダイヤモンド社のフロアヒンジ

出回っている商品です。

画像2

本体を取り除き、清掃後の画像。

このセメントケースが使えるかで、だいぶ手間が違い、時間も料金も変わります。

画像3

新しいフロアヒンジを埋め込み、セットします。

画像4

今回、サッシメーカー仕様のフロアヒンジで、ビスの位置などが異なるため、フロアプレートは既存の物を使いました。

画像5

4ケ所同一キーで美和U9TRU-1の交換。

シリンダーと錠ケースも交換しましたが、こちらもサッシメーカーのため、多少の加工をして取り付けました。

画像6

扉下部のアームの交換後

画像7

フロアヒンジドアとキーの動作確認をして、オーナー様にも確認していただきます。

 

ポストダイヤル錠は、開錠し交換しました。

シャッター錠は、他のキーと同じものを取り寄せて交換しました。

今回2人で3時間弱の作業になりました。

 

 

 

その他の事例

1. 錆で一杯

2. 既存のフロアヒンジ撤去後

3. アーク溶接中

4. プレートとガラス框ドアの取付け

5. アルゴン溶接(室外側)

6. アルゴン溶接(室内側)

フロアヒンジ交換(ニュースター)

シリンダー交換させていただいたマンションのエントランスのガラス框ドアの締りがとても速いスピードで大きな音を立てて閉まっていたので、不動産会社からオーナー様に連絡をしてもらい、原因のフロアヒンジの交換をすることになりました。

弊社では、大きく重いドアの為、2人での作業となります。

 

画像1

ガラス框ドアを外し、フロアヒンジのプレートを外した錆の状況です。

画像2

右側が錆で一杯だったフロアヒンジとセメントボックスを取り外した所と、左側が新しく埋め込むNEW☆STARのフロアヒンジです。

錆が多くて、この状態にするのに一苦労します。

画像3

フロアヒンジの位置を決め、アーク溶接で留めます。

画像4

プレートを付けて、外していたガラス框ドアを戻して通常ならこれで終わりです。

画像5・6

ドアが閉まる衝撃で、框の一部にズレが生じていたため補正してアルゴン溶接でしっかり留めます。

 

最後に動作確認などをして完了です。今回は、約3時間の作業でした。

 

 

 

 

錆でプレートが膨らんでいる

1. NEWSTARのフロアヒンジ

錆を取り除いた後の状態

2. まだ使えるセメントケース

扉下部とアーム部も交換

3. フロアヒンジ設置

サイズが違うので、広げています

4. 扉下部・アーム部

両開き框ドアのフロアヒンジ交換

ホームページからのお問い合わせを頂きました。店舗の両開きドアで左右の扉が揃わないため、どちらかの扉を手で差さえないと、鍵が掛からないと言う事でした。

これだけ聞きますと、調整で対応できる可能性が高いとお話ししましたが、2~3年前に他の業者に修理してもらったばかりだから、今度は、交換してほしいという事でした。

珍しく現場が、中央区銀座でした。

画像1 

廃版商品NEWSTAR S-222です。

画像2 

フロアヒンジ本体を取り、錆などを取り除いた状態。

画像3 

セメントケースに錆止め剤を噴霧したため、養生テープが張ってあります。

新しいフロアヒンジを埋込んだ所。

画像4 

扉下部・アーム部は、ねじネジの緩みがあったため、緩み止め剤を使いました。

 

框ドアを設置・調整し、鍵がスムーズに掛かる事を確認し、清掃をして完了です。

2月の雨降る中、マンションオーナーとお話ししながら楽しく作業が出来ました。

今回は、2人で約80分の作業でした。

ガラス框扉のフロアヒンジ交換

1. NEWSTARフロアヒンジ

2. 溜まった油

3.  清掃後

4. 埋め替え後

5. 1番ヒンジ交換後

6. 3番ヒンジ交換後

7. フロアヒンジ交換後

扉の下面が地面に擦り、閉まらない!

ホームページからの問い合わせで、

練馬区のマンション管理組合の方からフロアヒンジの調子が悪いので、交換してほしいとのご連絡を頂きました。

フロアヒンジのステンレスプレートを外すと、本体から漏れた油と錆から判断し交換する事になりました。

 

画像1

20年以上使用のNEWSTAR ES-1300

画像2

こんなに油が漏れているのは珍しいです。

画像3

ボックスは綺麗でしたので、本体の埋め替えをする事になりました。

画像4

扉の下面が擦れていたので、レベルの調整をしました。

画像5

1番ヒンジ(トップピポット)の交換

画像6

3番ヒンジの交換後。

この時に、ガラスを割る可能性があるので、慎重に作業します。

画像7

フロアヒンジ交換後

 

最後に、動作確認をして頂き完了しました。

今回の作業時間は、2人で約90分でした。

 

その他メニューのご紹介

セキュリティチェック10項目

セキュリティチェックしてみませんか。

印象に残っている仕事

弊社の印象に残っている仕事について説明しております。

お客様の声

弊社のお客様の声について説明しております。